感染管理認定看護師募集

感染管理認定看護師の内容と将来

職業としての看護師

 

今の時代においても、看護師は女性の職業としても人気ですし親側から見ても将来子供になってほしい職業として大変人気のある職業となっています。

 

看護師とは一般の人が病院での通院や入院等で接する機会も多いので、どのような仕事をしているかはよく知られていると思います。
医師の補助はもちろん入院患者さんの健康管理等をやっているのです。

 

看護師の勤務先もほとんどは病院はなるものと思いますが、総合病院などの大きな病院や内科や外科などを専門とする個人病院までいろいろです。また病院以外に企業などに勤務して職員の健康管理をす看護師やツアーナースと呼ばれている旅行に一緒に行って旅行者の健康管理を行う看護師もいるのです。

 

また、乳児院と呼ばれる親が育てる事が出来ない環境のための施設にも看護師はいるのです。

 

このように様々な場所で看護師は活躍しています。
また場所的にも大都会にもありますし、田舎や離島などにも必ず病院施設はあるのです。

 

だいぶ回復して来ているとはいえ、看護師はまだまだかなり不足しているのが現状です。
そのためある程度自分の希望の通りの地域での病院勤務は可能だと思います。

 

この点は今の一般の学生の就職難からすれば大変恵まれていると思います。
学生の就職難ははんぱじゃありません。
1人で10社以上受けても内定を貰えない学生はたくさんいるのです。

 

そんな中、看護師は需要はたっぷりあるのです。
しかしながら就職しても転職や辞めてしまう人もまた多いのも事実です。

 

看護師が不足しているも結局は辞めてしまう人が多い事も大きな理由なのです。
他の職種と比べても看護師の離職率というものは高いものになっています。

 

それではなぜ就職先として人気の高い看護師の離職率が、高くなっているのでしょうか。
原因には人それぞれいろいろな理由があるとされていますが、やはり多いのは看護師特有の勤務形態にあるでしょう。

 

一般企業で女性が働く場合においては、夜勤あるところなんてほとんどないのではないでしょうか?
また、月々の残業もかなりなものになっています。
有給休暇もなかなか取れない事も多いのです。

 

年末年始や他の祝日もシフト勤務のために休めない事がほとんどなのです。
こういうことは就職する前から知ってはいても、実際に自分が病院に勤務して体験してみるとかなりのハードさを伴うことを認識する事でしょう。

 

肉体的にはかなり消耗する日が続いて、気持ちまでも萎えてしまう人も多いのではないでしょうか?
夜勤の疲れや、生活のリズムが狂ってくると睡眠もあまりとれなくなって、疲れもなかなか取れなくなってしまうものです。

 

それに見合うだけの収入があれば我慢も出来ると思いますが、現実は違います。
少ない給料で肉体削って行くような人も多いのです。

 

これではなかなか看護師に希望を持って働いていこうとする人も少ないのではないでしょうか?
しかし、自分に合う病院というのは存在すると思います。

 

今の病院で我慢できなくなって看護師自体を辞めてしまう人もいるでしょう。
そういう人はまずは、辞める事は考えないで転職することを考えてみてはいかがでしょうか。

 

他の病院ならば、今の病院とは違う環境となって自分に合うかもしれません。
また夜勤がない病院や残業の少ない病院も、今では探せばあるものなのです。

 

また看護師の勤める場所はかなりあります。
思い切って離島などを選択する事もできます。

 

離島ならば、スキューバーダイビングなどのようなレジャーも休日には可能になるのでストレスがあっても解消できる事も可能になっているのです。

 

また子供好きならば、乳児院という施設での看護師としての仕事もあるのです。
乳児院は事情により親が養育して行く事が出来なかった、乳児がいる施設です。

 

看護師としての募集や乳児院自体の数も少ないのですが、一般の病院と比べてかなり仕事する環境が違いますので、今までの病院がストレスがたまって環境を変えてしまいたいと思っている人には検討する価値があるところだと思います。
なにしろ、赤ちゃんにはいろいろと癒される事が多いですよ。

 

そのほかにも感染管理認定看護師など特定の資格を持っている看護師ならばさらに就職先にも幅を持たせる事も出来ます。

 

このように看護師はその病院だけの仕事ではないのです。
今は途中で病院勤務を辞めてしまって、看護師の資格を持っていても働いていない、いわゆる潜在看護師の数はかなりものになっています。

 

せっかく年月を費やして取得した看護師の資格ももったいないものになってしまいます。
仕事がハードでも看護師の仕事は辞めないで、自分の今の環境を変えて転職をすることを検討してみましょう。

 

そうすることにより自分の理想的な職場に出会う事も可能になり、看護師という資格を有意義に生かす事が出来るのです。
インターネット上の看護師求人サイトでは、かなりの数の求人がありますのでまずは登録して自分の希望を担当者に伝えてみましょう。

 

希望する場所や内容での転職が可能になるかもしれませんよ!

 

どこで転職先を見つけるか

 

看護師として転職をすることを決めたのならば、どこで転職する病院を見つけたらいいのでしょうか?
一般的には多きく3つの選択肢があると思います。

 

看護協会とハローワーク、そして看護師求人サイトです。
看護協会は利用している人は多いと思います。

 

看護協会はナースセンターとも呼ばれていて、各都道府県には必ずナースセンターがあります。
都道府県知事の指定を受けて運営されていますので、安心して利用する事が出来ます。

 

ナースセンターでは転職先を探しています看護師看護師を雇いたい病院等の施設双方に登録してもらい、無料で紹介しているところです。
また一度仕事から離れた看護師のために、安心して復職する事が可能なように最新の知識や技術を学ぶ研修会や臨床研修ができる病院なども紹介してくれるのです。

 

次にハローワークはどうでしょうか?
ハローワークは看護師以外にも他の全職種に渡って転職先を斡旋しているところです。

 

ですから看護師の事についての詳細な情報を知る事は難しいかもしれません。
ハローワークでは全国550カ所以上のハローワーク等の施設から集めた求人を紹介しています。

 

担当者は当然、看護師専門ではないので細かなことはわかりません。
給与などの待遇や勤務時間などの説明だけになります。

 

基本的には自分で検索して探す事が多くなると思います。
看護師とくに求人数は多いので、自分の希望条件に合う病院を見つけるのは結構骨が折れます。

 

最後に看護師求人サイトですが、ここはインターネットから登録して無料で利用できます。
ナースセンターやハローワークとの違いは、コンサルタントと呼ばれる担当者の熱意でしょうか。

 

最初に希望する地域や給料や勤務時間など細かな点までコンサルタントは聞いてくれます。
そこからコンサルタントは、希望に合致するまで懇切丁寧に転職先の病院を紹介してくれるのです。

 

また病院の内部事情なども調べている看護師求人サイトもあり、実際に勤務しなければわからないような有給休暇のとりやすさとか、残業手当のつけ方なども把握しているところがあるのです。

 

転職してから失敗したと思う事が少なくなると思います。
また、あなたに代わって病院との給与や手当などの条件交渉もしてくれるところもあるのです。

 

さらに転職が成功して一定期間勤務すれば、いわゆるお祝い金がでるところもあるのです。
このように看護師が転職する方法は、いろいろなところがあるのです。

 

感染管理認定看護師としての転職

 

看護師のなかでの認定看護師という認定を受けている人がいます。
救急看護や訪問看護など専門に合わせて19分野にわたって、認定看護師認定審査が行われているのです。

 

認定看護師とは、日本看護協会が行っています認定看護師認定審査に合格して、専門の看護分野の中において熟練した看護技術および知識を用いて「実践」「指導」および「相談」の3つの役割を果たす事により、看護ケアの広がりと質の向上を図る事をに貢献する看護師なのです。

 

全体では看護師全体の1%程度がなにかしらの認定看護師の認定を受けています。
人数的には「皮膚・排泄ケア」や「感染管理」が多い分野になっています。

 

感染管理認定看護師」は2010年から新設されたものですが、その重要度からも受験も多くなっているのです。
主に院内感染などの予防や感染予防の教育や相談、調査などを行い実際に感染症が発症した場合などには、感染の起こった現場の調査や感染対策を行って更なる感染が拡大しないように努める仕事内容になっています。

 

感染管理認定看護師」は、主に大病院に属する事が多いかもしれませんが最近では中規模の病院でも「感染管理認定看護師」を配置する病院が増えて来ているようです。

 

看護師の中でも「感染管理認定看護師」を目指して勉強をしている人も増えて来ているみたいです。

 

入院患者さんや病院施設で働く職員、または外来で来る人などを感染から守るために感染管理の指針やマニュアル作りなどもあり仕事の幅もかなり幅広いものになって来ています。

 

ニュースなどでも院内感染が原因でとうようなこともしばしば聞くようになりました。
以前にはこのよう「感染管理認定看護師」はいなく専門の感染予防の対策は進んでいませんでした。

 

感染管理認定看護師」により、専門知識を持った人が何名か病院に在籍していれば病院を管理する方も安心して任せられるのではないでしょうか。

 

感染管理認定看護師」を取得しようとする看護師のきっかけは、病院側から依頼があって受ける人もいるでしょうし自分自らキャリアアップのために勉強しようとする人もいるのではないでしょうか?

 

 

いくら「感染管理認定看護師」の認定試験を受けたいと思っていても、現行の看護師の勤務や仕事内容は大変ハードなものになっています。
夜勤や残業が続く事も多くて、勤務時間に家に帰れる事も少ない看護師も多いのです。

 

そんな中でも自分で勉強して新しい道を切り開いて行く事は、かなりの決断力も必要だと思います。
勤務後は眠たいのを我慢して勉強して行かなければ行けません。

 

しかしその分、「感染管理認定看護師」の認定を受ける事が出来れば病院での仕事内容も自分で何かをしていくという能動的な仕事も多くなり、病院での感染はさせないというような一種の使命感見たいのが芽生えてくるものと思います。

 

また転職をする上でも持っていると有利に働くものと思います。
今、現在看護師として働いていて転職を考えている人がいるのならば「感染管理認定看護師」は一つの新しい道になるかもしれません。

 

毎日の病院での看護師としての勤務においては、あまり余裕のない人が多いと思います。
認定看護師のニーズはこれからも大きくなってくると思います。
その中でも「感染管理認定看護師」はこれからの看護師として働きがいのある分野だと思います。

 

 

日頃の病院での仕事もたえず勉強して行く事が多いと思います。
病院全体の事を視野に入れていかなければいけませんので、責任もかかってくるものと思われます。

 

今の看護師の就職やどこでもひっぱりだこですが、せっかく就職してもすぐに辞めてしまったり転職したりする人もまた多いのです。
最初の新人のうちならば何事も勉強ではありますが、仕事で勤務時間を過ぎて働いてもまだ仕事を覚えていないので残業手当が出なかったり少なく出させたりするところもあるみたいです。

 

夜勤は、病院によっては休憩も取れないで働く事もあると聞いています。
また、有給休暇もなかなかとれるような雰囲気がなくて休めない人も多いのです。

 

このような条件では、なかなかその病院に看護師としてずっと働いて行こうとする意識があまり働かなくなるのではないでしょうか。
若いうちにはまだ体力があるので、夜勤や残業などがあっても疲れはあってもあまり次の日には残らないかもしれません。

 

しかし、年齢とともに疲れもとれなくなって疲労が蓄積されてしまい、次の勤務でも疲れたままになってしまいます。
その結果、集中力も落ちて来て医療事故の引き金になってしまうかもしれないのです。

 

そういった状態で働き続ける事は、精神的にもあまりよいとはいえません。
ストレスもまた蓄積されてしまうと、病気に至る事もあるのです。

 

このように看護師の業務はハードな場合が多いのです。
また、このハードさに見合うだけの報酬が得られていないのもまた現実なのです。

 

そのため、看護師の仕事を辞めてしまういわゆる離職率は、他の業務と比べると大変高いものになっているのです。
3、4年かけてとった看護師の資格を有意義に使っている人は、多いとは言えないのです。

 

このような看護師の現実がある上で、認定看護師の世界は魅力あるものではないでしょうか?
この制度ができてまだ間もないですが、病院側も積極的に資格を持っている認定看護師を配置しようとしています。

 

認定看護師の中にあって、「感染管理認定看護師」は人気も高く受験者も多いのです。
看護師として兼務素場合もありますが、病院によっては感染管理担当とのスペシャリストとして働いて病院内の全部署に対しての感染予防のための指導や監督などを行っている看護師もいるのです。

 

この場合においては、感染対策について問題点がでてきたり疑問点が出て来て相談があったりした時の対応もする事になります。
一方、病棟に配置される「感染管理認定看護師」は、感染対策が有効に働いているかの確認や評価などをして問題点を抽出しているのです。

 

感染対策がどうして必要なのという基本的な事から、病院の職員に理解してもらい病院全体で感染予防を目標とする事が重要なのです。
また感染対策はどんどん最新情報も取り入れて行かなければなりません。

 

感染管理認定看護師」は積極的に今の知識だけにこだわるのではなく、研修や他の病院施設等との横の連携も取りながら情報収集して行く事も重要な事だと思います。

 

こういった能動的な仕事をしたくて看護師を希望する人も多いのではないでしょうか。
病院勤務で夜勤や残業などで疲れた中でも、離職しないでこの「感染管理認定看護師」という道も是非検討するべきだと思います。
今までの看護師の仕事とは違った業務内容ならば、自分にぴったりという人もいるのではないでしょうか。

 

感染管理認定看護師」は決して難しいものではなく、きちんと勉強していけば、取得も可能なものであると思います。
転職について考えている人も、普通の看護師というのではなく「感染管理認定看護師」という資格を取ってからの転職も検討してみてはいかがでしょうか?

 

感染管理認定看護師」になるためには、実務研修の内容の基準については通算3年以上感染管理についての活動実績も必要になってきます。
今の病院でこのような経験があるのならば積極的に「感染管理認定看護師」を取得してみてはいかがでしょうか。

 

辞めるのはいつでも出来ます。
ここはちょっと我慢して是非、この「感染管理認定看護師」というものを勉強してみて取得してみましょう。
きっと今までとは違った看護師の未来が見えてくるものと思いますよ。

 

 

33歳 東京都

 

看護師としてずっと以前の病院で勤務していました。
その時に感染対策としていろいろな活動なども参加していました。

 

自分にとっては全く未知な分野でしたが、それゆえになんだか新鮮で調査したり改善策などを考えてみるのも楽しい時間でした。
しかしながら病院勤務は辛い事の連続でした。

 

感染管理認定看護師」の試験に合格してからも、仕事的にはあまりかわらずに感染管理も増えて残業が続く事もしばしばでした。
30歳を超えてから夜勤やら残業やらなかなか体力的にしんどくなって来ていました。

 

寝ても寝ても疲れが取れないままの生活が続いていました。
私には家族もいるので、家事などもきちんとやっていきたかったのですが転職する前は主人や子供達に迷惑のかけっぱなしでした。

 

このままでは、看護師という仕事もまた家庭の中も壊れてしまうような不安が毎日あったのです。
そんな時にインターネットでの看護師求人サイトで「感染管理認定看護師」の求人があったのを見つけたのです。

 

看護師求人サイトというのは、ナースセンターやハローワークなどと同様に求人を紹介してくれるところです。
看護師求人サイトの違うところは担当者が細かく希望内容を聞いてくれて、いろいろな相談などにも応対してくれるのです。

 

自分で検索して探す作業はしなくてもすむので、疲れたまま帰ってから就活しなくすむのです。
疲れるところはすべて看護師求人サイトの担当者に任せておけばいいのです。

 

また看護師求人サイトによっては、病院の内部事情等にも精通している人がいますので実際に勤務してから後悔する可能性も低いと思います。
転職するにはいろいろな問題があるものです。
それによってはかなりのストレスも抱え込む事になると思います。

 

しかし、以前の病院のままでは体力も精神も持たなかったと思います。
看護師求人サイトを通じて、無事に「感染管理認定看護師」の資格をいかす仕事につく事が出来ました。

 

今の病院では残業も少なく、夜勤の負担もあまりないので「感染管理認定看護師」としての仕事に専念する事が出来ます。
皆さんも転職を我慢してつらい病院での勤務を続けて行くよりは、思い切って転職を目指してみてはいかがでしょうか。

 

29歳 大阪府

 

私が看護師としての転職を決めた理由には、様々な理由がありました。
一番の理由は、対人関係で悩んでいたからです。

 

学生の頃はあまり人間関係での悩みはなくてずっと過ごしていました。
しかし、就職してからはなかなか今の病院にはなじむ事が出来ませんでした。

 

また上司との関係も性格が合わないというのか、私に対してだけ厳しく対応しているようでした。
一度こういうふうに感じてしまうと、なにもかもが不信感を持ってしまうのです。

 

それでもまだ看護師としての仕事が順調ならばよかったのですが、残業続きで集中力も続かなくなって小さなミスを重ねてしまうようになっていました。

 

そういう時に始めて、看護師の仕事を辞めてしまおうと考えたのです。
友人に相談してみたのですが、返事と言えば「もうちょっと我慢して働いてみた方がいいよ」というものでした。

 

言っている事はよくわかります。
自分も友人がそういう悩みで相談されたのならば、まずはしばらくは我慢して働く事を言ってしまうでしょう。

 

しかしながらその時の自分の状態は、我慢するなどの限界を超えていたのだと思います。
そこで、自分で転職活動をする事に決めました。

 

次の職場の希望はどんなところがいいのかを考えてみたら、やはり人間関係が円滑やって行けるところです。
ただし、人間関係なんて求人の中にはそんな情報はどこに記載されていません。

 

私、インターネットの看護師求人サイトによっては、病院の内部事情もある程度把握しているという事を知っていました。
また、私は次の職場では「感染管理認定看護師」をとってキャリアアップしてみたいという夢もありました。

 

この希望条件に合うように看護師求人サイトのコンサルタントにお願いしたのです。
ちょうどその時に運良く、これから「感染管理認定看護師」の配置を考えて本格的に感染予防に取り込もうとしている病院がありました。

 

気になる人間関係ですが、実際にその病院からの情報もあってとても円滑であるという情報もありました。
最初はすごく不安だったのですが、面接の印象もすごく良くて気持ちよく転職する事が出来ました。

 

転職を希望する看護師はかなりいるものと思います。
今よりも楽なところにいきたいと思う人は多いのです。

 

たしかに今の看護師の労働環境は劣悪なところもあります。
そんな時には我慢なんかせずに、転職するべきであると私は思います。

 

自分い合う病院は必ずあると思いますので、頑張って希望通りの転職先を見つけてください!

 

 

35歳 千葉県

 

私の場合は、20代後半からずっと他の病院へ転職をするか看護師という仕事自体を辞めてしまうかを考えていました。
感染管理認定看護師」とういう資格をとっても状態は変わりませんでした。

 

以前の病院の状態は、大きな総合病院であり看護師の人数もかなりものがありました。
それでも私の部署ではなかなか自分の取りたい時に有給休暇をとることができませんでした。

 

その上残業も多くて毎日が疲労との戦いでした。
帰っても寝るだけの生活が多くて、まだ独身なのですが自分のこともあまり出来ない生活でした。

 

食事も仕事帰りにコンビニによって弁当を買って帰る事が多くて、自分で炊事する事自体おっくうになってしまっていたのです。
だんだんと生活も乱れて来て、家と病院との往復で毎日が終わってしまいます。

 

こういう環境の中でもきちんと私生活もやっていける看護師もいるのでしょうが、私の場合は病院での影響がもろに自分の生活にも影響していました。

 

このままでは、女性というよりも1人の人間としてやっていけないのではないかと思うようになりました。
そこで転職もしくは辞めてしまう事は、常に頭の中にありました。

 

感染管理認定看護師」となったのをきっかけとして、別の病院でもっと充実した看護業務と私生活のバランスがとれた生活をやっていきたいと思うようになったのです。

 

転職をするにしても自分で探さなければなありません。
そんな時に転職活動として大変役に立ったのが、インターネットから無料で登録できて利用できる看護師求人サイトなのです。

 

看護師求人サイトでは、自分で検索して探す事が不要で自分の希望を担当者に伝えておくだけで担当者が希望条件に合致する病院などの医療機関を探してくれます。

 

もちろん数は少ないのですが「感染管理認定看護師」の求人もありました。
その中でも夜勤や残業などの影響で感染管理業務に影響を与えないような、また自分のプライベートの時間も充実したものに出来るような病院を見つけてもらいました。

 

看護師求人サイトの担当者は、その地区での病院はほとんど把握しているみたいで病院事情にも詳しかったのです。
ですから安心して紹介していただいた病院への転職を決める事が出来ました。

 

実際に新しい病院に転職してからも感染管理についての最新の情報も入手できて、研修などにも積極的に参加する事が出来るので以前の病院とは違った充実感が持てるようになりました。

 

また変わったのは病院内の事ばかりではなくて、勤務を終わってからの自分のプライベートな時間についても生活に張りがでてきておちついた生活が出来るようになりました。

 

以前のようなコンビニ弁当からは卒業して、自分で毎日自炊して病院にも弁当を作って持って行けるような余裕もできるようになりました。
環境を変えるだけでこんなにも生活が変わってくるのかとびっくりしています。

 

またなにより今では、彼氏も出来てもうじき結婚の予定になっています。
一つ歯車がかみ合うとどんどんいい方向に向かうものなのですね。

 

今悩んでいる看護師の方は多いと思います。
自分の道は自分で決めるしかありません。

 

その道が決まったのならば思い切った決断も必要だと痛感しています。

 

 

看護師としてのキャリアアップ

 

看護師の離職率は他の職業から比べると高いものになっています。
夜勤などの看護師独特の勤務体制ということもあるでしょうが、夜勤自体もその内容がかなりハードなために挫折してしまう人も多いのです。

 

その上、日勤時間帯においても残業などにより拘束時間が長くなるも頻繁にあり特に若い人に取っては、遊ぶ時間を犠牲にしている人も多いのではないでしょうか。

 

またこのような勤務環境にあっても、それに見合うだけの給与や手当などがもらえていない事に離職に拍車がかかっているものと思われます。

 

看護師の資格をもっていても実際には業務ついていない、潜在看護師もかなりの数になっています。
なんとか離職しないで看護師生活を続けて行くためにも、今では看護師のキャリアアップとしていろいろな「認定看護師」という認定試験も行われています。

 

その人数も年々増えて来ています。
その中でも「感染管理認定看護師」は増えています。

 

院内感染などの予防などのために、指導などを行うとともに調査や相談などいろいろな業務があります。
大きな病院では、専従で「感染管理認定看護師」を配置しているところもあるみたいです。

 

看護師にとっていろいろな道もありますので、今の病院での勤務は合わなくて辞めたいと思ってもまずは転職を考えてみた方がいいと思います。

 

看護師求人サイトではインターネットで簡単に登録できて、いろいろな選択肢を探してもらえます。
都会の病院や離島などの病院や「感染管理認定看護師」の求人なども増えて来ています。

 

看護師求人サイトで転職先を見つけてみましょう!